topimage

2017-04

ありがとう「あけぼの」。そしてお疲れ様でした・・・。 - 2014.03.14 Fri

あけぼの S(02)
奥羽本線 大館-白沢


遂に「あけぼの」運行の最終日を迎えました。
夜明けの明るみを増す空の様を名前に冠した寝台特急。「あけぼの」まさに夜行列車の代名詞です。
何度も書きましたが、「あけぼの」幼い頃からの憧れの列車でした。
また、秋田へ帰省の際には良く利用しましたが、乗車すると本当にワクワクしたことを覚えています。
鉄道カメラマンとなってからは乗ることよりも撮ることが増え、まさに公私ともにお世話になりました。
私の鉄道写真の原点ともいえる列車が今日、最後の旅路を始めます。
ありがとう「あけぼの」。そしてお疲れ様でした!!!

今回は「あけぼの」最終運行記念としてたっぷりとあけぼの写真をご覧ください。
といっても、仕事で撮影することが多かったためお決まりの写真が多いですね(笑)。
また選んだ写真がバラバラになってしまった点はご容赦くださいm(_ _)m
ちなみに最後の写真は、何度もご披露しておりますが私の一番のお気に入り。
まさにこの写真の様に「あけぼの」は私の記憶の中でいつまでも燦然と輝いているでしょう。

あけぼの S(16)
信越本線 長岡駅

あけぼの S(07)
羽越本線 羽後牛島-秋田

あけぼの S(03)
羽越本線 羽後亀田-岩城みなと

あけぼの S(13)
信越本線 長岡駅 シングルDXより

あけぼの S(11)
シングルDX通路

あけぼの S(12)
ソロ下段より

あけぼの S(09)
奥羽本線 白沢-陣場

あけぼの S(10)
東北本線 上野駅

あけぼの S(04)
東北本線 尾久-赤羽

あけぼの S(06)
奥羽本線 秋田駅

あけぼの S(15)
東北本線 赤羽-大宮

あけぼの S(08)
奥羽本線 森岳駅

あけぼの S(01)
羽越本線 桂根-新屋

あけぼの S(05)
奥羽本線 森岳駅

あけぼの S(14)
羽越本線 本楯-南鳥海

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

水しぶきを浴びて - 2014.01.12 Sun

上越新幹線 越後湯沢 イメージ S(01)

今回ご紹介するのは本日撮れたてほやほやの一枚。
大清水トンネルを抜け越後湯沢駅に進入するE2系ときです。
列車の下半分に写っている水しぶきは融雪用のスプリンクラーから出ている水です。
このカットを見てすぐお分かりになった方も多いでしょうね。

新潟県湯沢町は昨晩中に雪が積もり、天気予報で翌朝は晴れると聞きいたので撮影していた水上から移動。
会社のストック用に越後湯沢駅のスプリンクラーと雪国を走る185系シーハイル上越を撮るのが目的でした。
日の出前に越後湯沢駅でE4系とスプリンクラーのお決まりの写真が撮れ、そろそろシーハイル上越撮影のために行こうかなと思った矢先、お日様が顔を出しみるみる線路から湯気が上がるではないですか!
朝の光が水しぶきや湯気を朱く彩り、その綺麗な光景に思わず「おおおお!!!」とホームで叫んでしまいました(笑)
シーハイル上越を撮るにはギリギリの時間となってしまいますが、まさに「いつ撮るの?今でしょ!」ということで30分後のE2系ときを待つことに。
時間が進むにつれだんだん光の赤味が消えはじめ、焦りを感じたころに列車到着の場内アナウンスがホームに響きました。
アナウンス終了からE2系が現れるまでの時間は本当に長く感じましたね。
そしてE2系が大清水トンネルから登場。朱い湯気をかいくぐり、水しぶきを受けながらゆっくりと来る姿を見てまたもや「おおおおお!!!!」(笑)
車両を包み込む湯気はまるでE2系のオーラに感じますね。いや~、待った甲斐がありました!
願わくばE4系で撮りたかったのですが、時間的にそれは仕方のないこと。
また、スプリンクラーの水が少し中央から左寄りになってしまいバランスが多少悪いかもしれませんが、それこそ運次第。水が時折高く上がることもあったので、それで列車の顔が見えにくくなるよりは良いですね。
色々と反省はあるものの、自分としては満足いくカットでもあります。この光で撮れたことは感謝です。
ちなみにこの後は185系シーハイル上越にも何とか間に合い、撮影は無事滞りなしでした。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

冬の津軽線にて・・・。 - 2013.01.14 Mon

津軽線 S(01)

寒い日が続きますね・・・。
でも寒ければ寒いほど北国に想いを馳せてしまうのは、やはり求める心の風景が今そこにあるからでしょうね・・・。
なんて思ってしまうのは私だけではないですが・・・。

今日の写真は津軽線を選んでみました。
津軽線というと、スーパー白鳥や北海道へ向かう寝台列車、そして長大な貨物列車が行き交う幹線に目が行きがちですが、私個人としては中小国から三厩に向かうローカルな風景に惹かれます。
ただ、津軽線との相性はあまり良くなく、晴れることがなかなかありません・・・。
特に冬は厳しいですね。まあ、それを意識してそれなりの作画にしているつもりではありますが・・・。
ちなみに以前相性の良い路線といった大湊線は津軽半島の対岸である下北半島です。同じ青森県の陸奥湾沿岸でもかなり違うのですね。
このときも湿った重い雪が降る悪天候の中での撮影。頭の中では有名な演歌のフレーズ「津軽~平野に~、雪ふ~る、頃はよ~」がぐるぐると回っており、作画も演歌っぽいものになりました。
北国といえばやはり演歌の世界ですね(笑)

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

たまには編成写真を・・・。 - 2013.01.13 Sun

D51 SL湯けむり 2010年 (01)
現在、我が家ではノロウィルスらしき風邪が蔓延しており、娘と義母、それに嫁さんがことごとくダウン。
全員医者には行きましたが、なぜ「ノロウィルスらしき」なのかというとウィルス検査をしなかったためです。ノロウィルスも胃腸風邪も対処法は全く同じらしく、ウィルス検査で¥6,000-かかるとなればわざわざやりませんからね。医者が「らしい・・・。」といってくれただけで十分理解しました(笑)

さて、今回の写真はオーソドックスに編成写真を選んでみました。
列車は古くて恐縮ですが、2010年の冬に走りましたD51形の「SL湯けむり号」です。
現在形の編成写真は会社のレンタルストックになるので、ご紹介できるのは引退した車両や形などが変わってレンタルできない写真に限ってしまいますから、どうぞご容赦ください。
ちなみにこの時は雑誌「鉄道ジャーナル」の誌面用に撮影したものです。
雪晴れという素晴らしいステージの中、D51形は爆煙で来てくれました!!
煙の方向が必要以上に右に流れ、更には煙の上が切れてますが、こちらも雪晴れに免じてご容赦ください(笑)

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

灯火を待つ - 2013.01.09 Wed

米坂線 羽前椿

雪深い小さな駅での列車交換。
降りしきる雪は辺りの音まで包み込み、列車のエンジン音さえ静かな息づかいに聞こえてきます。
駅の先は吸い込まれそうな闇夜でしたが、しばらくすると闇の先が赤い灯火で浮かび上がります。ホッとした瞬間でした。

場所は米坂線の羽前椿駅。
大雪にも関わらず峠越えの交換列車は定時にやってきました。列車の灯りは本当に温かく感じますね。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (69)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒