topimage

2014-02

終焉迫る寝台特急あけぼの - 2014.02.28 Fri

奥羽本線 川部-北常盤 あけぼのイメージ S(05)
奥羽本線 川部~北常盤

奥羽本線 北金岡-東能代 あけぼの S(01)
奥羽本線 北金岡~東能代


いよいよ寝台特急「あけぼの」の終焉が半月後となりました。
やはりというか、最終日の切符は数秒で完売だったそうですね。
普段から「あけぼの」を愛用していた方はもちろんのこと、これを機に初めて乗る方も伝統ある夜行寝台の旅を最後まで楽しんでいただきたいですね。「あけぼの」自体も最後までなるべく運休しないよう、願うばかりです。
私はと言うと残念ながらもう乗る機会はありませんが、せめて最後はしっかり見届けようと思っています。

ということで今日の写真はもちろん「あけぼの」。
先ず上の写真ですが奥羽本線 川部~北常盤で夜間撮影したものです。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、鉄道ジャーナル2014年3月号に使用されたカットの一連のものです。
掲載された写真もバッチリな写真でしたが、個人的に好きなのはこの写真。
走る過ぎる列車の車内灯とテールランプが巻き上げた雪煙と雪原を美しくを照らします。
列車からこぼれるこの光こそが、私が幼い頃よりの持っていた夜行列車の印象です。
哀愁をも感じる夜行列車はバックショットも絵になりますよね・・・。
ちなみに画面中央の黒い斜めのラインは岩木山の山肌で、明るく照らしているのは鯵ヶ沢スキー場のナイター用照明と思われます。このときは時折雪が舞う状態で比較的雲の多い天気。だからこそ街の明かりが雲を照らし出し、空に表情がでてくれました。晴天では空が真っ暗になってしまうわけですから運が良かったです。

もう一枚の北金岡~東能代の写真はオーソドックスな縦写真。
この場所は今更ながら初めて見つけた場所でした。背景はややうるさいのですが前日からの降雪によって雪煙が上がり、背景を多少隠すだろうと考えてスタンバイ。お目当ての「あけぼの」が来たときはほぼ期待通りに雪煙が上がってくれました。周りに木が多く、更に逆光になる場所ですから曇りの日を選択して正解でした。曇りだからこそ撮れた写真でも有ります。

今はたくさんの方が「あけぼの」の終焉まで撮影されていると思います。
良いカットを撮りたいという気持ちは痛いほど分かりますが、どうぞ安全に配慮し譲り合って出来るだけたくさんの方が素晴らしい思い出を残せるようご協力ください。
それが幼い頃より「あけぼの」に憧れていた私の願いであります。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

JTB時刻表3月号好評発売中!! - 2014.02.26 Wed

長野新幹線 E7系(試運転)
長野新幹線 佐久平~上田

JTB時刻表2014年3月号


昨日に続き、宣伝させていただきます(笑)
2014年JTB時刻表3月号好評発売中!!
今改正の目玉はやはり北陸新幹線用車両E7系が長野新幹線の営業列車に投入されることでしょうか。
また新たな風が東日本の高速列車群に加わります。
私も何度か試運転を撮影に行きましたが、青い色が鮮烈で銅色の帯と相まってなんともスタイリッシュ。顔つきも鋭いのでなかなかカッコいいですね。
北陸新幹線の工事は来年の金沢延伸の開業に向けて着々と進んでいますが、今改正で長野止まりとはいえ北陸新幹線用車両が営業運転を始めることで北陸地方は更に盛り上がりを見せるのではないでしょうか。
たくさんの人々の期待を背負った素晴らしい車両ですね!

今回、JTB時刻表3月号の表紙はまさにそのE7系の写真をということで特写の依頼を頂きました。
色々と考えましたが、やはりスタイリッシュな車体と伸びやかさをみせるにはここしかないと思い、佐久平~上田の有名撮影地をチョイスしました。レンズは標準に近いので連写に頼らず一発勝負。慣れている撮影地とはいえ、新車となればさすがに緊張しましたが仕上がりは上々。シャッターのタイミングもバッチリ。いかがでしょうか。

さて、今日ご紹介するカットはそのとき同時に撮影した編成主体の横位置カットです。
通常、撮影地に余裕がある場合は縦位置と横位置の2パターンを撮影するようにしています。
今回の場合、縦位置はまさに時刻表用に文字の入りを考えた構図。横位置は中面での使用注文を頂いても対応できるように撮影しました。
シャッターポイントは縦位置写真と全く同じ。ただ、実際はちょこっとずれてややカツカツな編成になってしまいました。レリーズの個体差によるボタンストロークの違いとカメラボディのシャッタータイムラグの違い。そして一番の要因は体が左右完全同時にボタンを押せないということです(笑)
パンタグラフが電柱の陰に隠れていますが、飽くまで車両の形を美しく見せることに特化したのでご了承ください。
ちなみに営業の直前にロゴマークを張るという情報を小耳に挟みましたので、このカットもすぐお蔵入り。
残念では有りますが、また撮りに来る楽しみが増えたということで・・・。

少し話がそれましたが、JTB時刻表3月号をどうぞよろしくお願いいたします!!
今号は各新幹線車両の写真を載せた小さなクリアファイルが特別付録としてついておりますのでお得感もバッチリです(笑)

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

鉄道ジャーナル2014年4月号発売中!! - 2014.02.25 Tue

阪神なんば線 福-伝法 1000系イメージ S(01)

阪神なんば線 福~伝法

御堂筋線 新大阪-東三国 イメージ S(01)
御堂筋線 新大阪~東三国


鉄道ジャーナル2014年4月号好評発売中!!
今号は「大阪縦貫クロスロード」という特集で近鉄奈良線~阪神なんば線と御堂筋線~北大阪急行の撮影を担当いたしました。文章は日頃から大変お世話になっている実力者、土屋武之さんが執筆なさっています。

ご紹介するのはその中の阪神なんば線と御堂筋線の未使用カット。またまたブルーモーメントの世界ですみません(笑)
今回の撮影は1月下旬で夕暮れ時は本当に寒かったです。
特に阪神なんば線の新淀川で撮る時は風も強かったで体の芯まで冷えました・・・。でも、写真的にはなかなかgood!当初は全天が雲に覆われて青い時間を表現するにはちょっと難しいかなとも思いましたが、日が落ちると同時に徐々に空が割れ始めました。残照でやや紫がかった雲が美しく、その先には透き通るような青空が見えています。雲の無いブルーモーメントの空はグラデーションが滑らかで綺麗ですが、やはり雲があるほうが表情があって綺麗ですね。信号機の赤い光が1000系の顔のアルミ部分を照らし出したことによって顔の輪郭が出たこともポイントの一つです。

もう1点の御堂筋線のカット。北大阪急行8000系が新大阪を出たところです。列車のすぐ上を跨ぐようにかかっているのは東海道新幹線新大阪駅。新幹線車両が停まっているところとのコラボも狙っていたのですが、なかなかタイミングよくはいきませんね。時期を変えれば帰宅ラッシュ時間に当たるので新幹線と御堂筋線車両とのコラボが実現するかもしれません。ただ、本来の狙いは背景のビル群を活かした絵作り。大都市大阪の雰囲気を出してみました。

鉄道ジャーナル2014年4月号

ということでの鉄道ジャーナル2014年4月号の特集は大阪アーバン地区の鉄道にスポットを当てた大変濃い内容となっております。是非、お近くの書店やオンラインストアでお求めくださいませ!!

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

「あけぼの」廃止まで残り1ヶ月 - 2014.02.06 Thu

あけぼの 冬 S(01)

歴史ある寝台列車の生き残りと言われた「あけぼの」の廃止まで約1ヶ月となりました。
実家が秋田の私にとって「あけぼの」は幼い頃から憧れの列車でした。
秋田の家は秋田駅から分かれた奥羽本線と羽越本線の間の小さな山のふもとにあり、子供の頃は山の山頂にあるこれまた小さな公園から、南秋田運転所(現秋田車両センター)に泊まっている「あけぼの」(当時秋田止まりの5号)を眺めるのが好きでした。
また、冬になればED75形が重連になり、朝日を浴びてやってくる姿に惚れて何度も線路際へ行き、父親から借りていたカメラでシャッターを切りまくっていました。
「あけぼの」はまさに私の鉄道写真の原点のような存在だったのです。
その「あけぼの」の終焉間際に私の写真でJTB時刻表の表紙と鉄道ジャーナルのグラフを飾ることができたのは非常に感慨深いものがあります。鉄道カメラマンをやっていて本当に良かったと思いました。

JTB時刻表2月号

鉄道ジャーナル2014年3月号

鉄道ジャーナル2014年3月号は「走り続けた奥羽の星」というグラフで久保田さんと一緒に担当させていただいています。

今回のトップの写真は鉄道ジャーナルのグラフ撮影で使用されなかったカットです。
撮影地は羽後亀田駅を出たばかりの場所。夜が明けたばかのまだ青い世界を走る姿を撮りたくてここを選びました。もちろん普通に撮影しては絶対にブレてしまうので、編成をきっちり押さえるべくズーム流しを選択。
かなたにEF81形のヘッドライトが見えたときは、いつも撮り慣れているとは言えさすがに緊張しましたね(笑)。しかし、客車の灯りを雪煙に映しながらやってくる「あけぼの」は本当に格好よかったです。その姿は昔憧れていた列車の面影となんら変わりませんでした。

急行「津軽」が無くなり、「出羽」、「鳥海」、「日本海」と消え、そして「あけぼの」が去ります。
これも時代の流れとはいえ、憧れの列車が記憶のかなたに行ってしまうというのはやはり寂しいものです。
仕事の都合でなかなか撮ることは出来ませんが、チャンスがあればまたその雄姿を記録として残したいですね。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (70)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒