topimage

2015-02

星の海へ - 2015.02.15 Sun

星の海へ 小海線 小淵沢-甲斐小泉

 先日、取材撮影の帰りに星があまりに綺麗だったので小淵沢で降りて小海線の夜間撮影をしてきました。
 狙いはもちろん満点の星空と列車。これから星の海へ向かう銀河鉄道をイメージしました。
 写真はまさに光の列車がカーブする軌道を駆けあがり、大宇宙へ飛び立とうとするところです。
 
 私は幼いころから松本零士作品の「銀河鉄道999」が好きでした。
 星の海を進むC62形が引く旧型客車が様々な星へ誘う様は子供心にも夢の列車に映ったものです。
 やはり夜汽車はロマンがありますね。

 しかしながら、さすが冬の夜空。肉眼でも星の多さに感動しましたが、写真で見るとさらに驚き!肉眼の3倍以上は星が写っているように感じます。ブログの写真の大きさでは星の凄さがわかりにくいかもしれませんが、大きくプリントしたらため息が出そうなくらい。まさに星の海、光のさざなみです。いつか写真展などで大きく伸ばしてお披露目できたら良いです。
 ちなみに画面中央やや右にはオリオン座。右上にはスバルが見えます。
 そこで気になったのがオリオン座のやや左側、画面の左下から中央上部にやや明るく帯状に伸びる星の集まりが見えます。これって天の川でしょうか・・・。天体系に関してはあまり明るくないのでわかりません。ただ、Webなどで拝見する天の川の写真はもっと綺麗な帯状になっていますよね。
 今回はよくわからない程度でしたが、夏にはぜひ天の川と鉄道を撮ってみたいものです。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

鉄道写真バイブル発売中! - 2015.02.03 Tue

写真2-2

玄光社さまから鉄道写真のノウハウ本『鉄道写真バイブル』が発売されました!!
鉄道写真撮影の分野別に、プロの鉄道写真家11名による撮影指南書です。

鉄道写真バイブル


各分野担当の写真家は以下の通りです。

・Scene 01「編成写真」久保田敦
・Scene 02「鉄道風景」長根広和
・Scene 03「車両アップ」山崎友也
・Scene 04「流し撮り&ブラし」助川康史
・Scene 05「夜間撮影」村上悠太
・Scene 06「新幹線」持田昭俊
・Scene 07「ローカル線」川井聡
・Scene 08「蒸気機関車」金盛正樹
・Scene 09「スナップ」浅水浩二
・Scene 10「海外」米屋こうじ
・Scene 11「駅」米屋こうじ
・Scene 12「交換レンズ」猪井貴志

私の学生時代から一線で撮影されているベテランから、若手実力者まで勢ぞろい。
そこに紛れて、JRPSで「流しの助」と呼ばれている私はScene 04の「流し撮り&ブラし」を担当(笑)。
オーソドックスな横流しからズーム流し、そして車両をわざとブラす写真など、撮り方や考え方を作品と文章で偉そうに書いております(爆)。
巻頭は各部門の作品によるグラフに始まり、本文も多くの作品とQ&A方式の内容で見応えたっぷり。
鉄道写真エキスパートの方から、鉄道写真をこれから始めようと思う方まで楽しんでいただけると思います。
『鉄道写真バイブル』をどうぞよろしくお願い申し上げます!!!m(_ _)m

ということで、今日の写真は本文用に用意して未使用だった小田急MSEの流し撮りです。
小田急というと伝統のロマンスカースタイルを継承するVSEが有名ですが、メトロ直通のMSEも格好いいですね~。
特にメタリックブルーの車体は緑によく映えます。
なので緑バックの場所で流し撮りをしてみました。当日は曇り空でしたが、青い車体が流れる緑に浮かび上がり綺麗ですね。でも晴れてやや逆光気味だったらもっと綺麗だと思います。次回は晴れの時に狙いますか!!

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (70)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒