topimage

2015-05

たまには新幹線の編成写真 - 2015.05.31 Sun

北陸新幹線 E7系 S(01)


 ここのところブログを更新するのが滞り、書いても告知ばかりなのでたまにはオーソドックスに編成写真などと思いました。
 ということで列車は春開業の話題でノリに乗っている北陸新幹線をチョイス(笑)
 弊社にはE7系の写真は多いので本当はE7系でなくW7系を撮りたかったのですが、これがなかなか来ません。車両が共通運用なので当日もわからず、まさに運次第といったところでしょうか。まあ、撮影地は東日本管内なのでE7系という結果でよかったかもしれません(笑) 
 
 3月に北陸新幹線が開業して3度ほど新幹線を利用しましたが金沢までの移動時間が本当に短くなりましたね~。
 私の場合は機材を運ぶこともあって車利用することが多いのですが、新幹線の圧倒的な速さをいまだに信じられません(笑)。車だと金沢まで高速道路を使っても6時間かかりますから当然といえば当然ですね。
 文明の利器にはいつも驚かされます・・・と明治期の人の様なことを感じてしまいました(笑)

 これからの時期の撮影は暑さと虫との戦いになります。
 かたや熱中症、かたやスズメバチなどへたすれば命を落としかねません。
 外でお仕事をなさる皆様、また撮影する皆様は十分お気を付けくださいませ!
 
 

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

「青春18きっぷ」ポスター紀行 発売中!! - 2015.05.30 Sat

飯田線 千代-天竜峡 353系伊那路 S(01)_01

 青春18きっぷポスターファンの皆様に朗報です!
 歴代の青春18きっぷポスターを完全網羅した一冊が講談社さまから発売されました。
 その名も『「青春18きっぷ」ポスター紀行』!!

「青春18きっぷ」ポスター紀行_01
 
 まさに満を持しての発売!!!
 著者の込山富秀さまは青春18きっぷポスターのアートディレクターで1990年から制作に携わっている方です。
 弊社も撮影に携わっており、私自身万感の思いがこもった一冊です。
 内容は各ポスターそのままのデザインの写真が掲載され、撮影時の秘話など込山さまの視点でつづられた文章と相まってジーンとくるものばかり。本当におすすめです。

 鉄道を愛する人や旅を愛する人を始め、青春18きっぷのお世話になった方はたくさんいらっしゃると思います。「このポスターの時の青春18きっぷで○○へ行ったな~」と思い出すことも多いのではないでしょうか。私もプライベートでは何度も利用しました。行くあてを作らずただ思い立ったままに列車を乗り通したり、秋田の実家へ帰る時とにかく安く抑えるためにと(笑)、青春18きっぷには沢山の思い出があります。
 さらにはプロカメラマンとなってからは撮影スタッフとして携わることができたことに喜びと誇りを感じております。

 さて、今回はその青春18きっぷの撮影に関連した一枚をご紹介します。
 撮影地は飯田線の千代~天竜峡。平成24年夏編ポスター(飯田線 中井侍)の撮影を終えた帰りに立ち寄って撮影しました。そしてさらにお分かりの方もいらっしゃると思いますが、この場所は平成21年春編のポスターになった場所でもあります。
 平成21年春編ポスターの撮影は私の師である真島満秀氏が携わった最後のポスターですが、師はこのポスターの完成を見ることなく他界されました。それから私にとってこの場所は思い入れの深い場所となりました。そして3年後、再び訪れる機会ができたので意気込んで向かったのですが、木や草が想像以上に伸びてしまい平成21年春のポスターの様に伸びやかに撮影できなくなってしまいました。でも、「あの時はこんなことがあったな~」と思い出しながらしみじみとシャッターを切ったことを覚えています。
 
 誰しも何らかのきっかけで昔の思い出が甦ってくることがあると思います。たとえそれが辛い思い出だとしても、時とともにきらきらとした光景に変わることもあります。
 是非お手元にこの『「青春18きっぷ」ポスター紀行』をおいてゆっくりとご覧ください。貴方だけの、そして貴方が出会った景色や風、人々、そしてきらきらとした想いと再び巡り会えるに違いありません。
 どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
 

 
 
 

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

月刊カメラマン6月号発売中!! - 2015.05.25 Mon

播但線 寺前駅 イメージ S(01)

 ブログの更新をここ数カ月全くしておりませんでした・・・。
 申し訳ございませんm(_ _)m
 気を引き締めなければいけませんな・・・。
 
 ということで、久しぶりの更新もまたまた告知でございます(笑)
 (株)モーターマガジン社さまから月刊カメラマン6月号が発売されました!

月刊カメラマン2015年6月号

 今号の目玉は何といっても撮り鉄さん大喜びの鉄道写真大特集『「汽笛一声!撮り鉄の基本」
~今年撮りたい鉄道あれこれ~』です!!
 基本的な撮り方からイメージ的な捉え方まで、第一線で活躍している写真家たちが渾身の作品とともにご紹介。鉄道写真のノウハウがギュッと濃縮された特集となっております。私もついつい欲張り「夜行列車」「流し撮り」「編成写真」と3部門を担当(笑)。更にはマシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ担当の連載『ジャンル別フォト講座「鉄道」』でも夜行列車の撮り方をより掘り下げて掲載させていただいてます。
 鉄道写真の初心者はもちろんのこと、ベテランの方やこれから鉄道写真を始めてみようかと思われている方にもおすすめです。そしてなんと昨年に引き続き、今年もジャンル別フォトコンテスト「鉄道」の審査員にも選ばれました!こちらの応募要項も6月号に記載されています。沢山の方の熱い思いのこもった鉄道写真が拝見できると思うと楽しみでなりません。
応募締め切りは6月5日です。詳しくは6月号の告知をご覧ください。皆様の力作・自信作をお待ちしております!!
鉄色満載の月刊カメラマン6月。是非、お近くの書店やオンラインショップでお求めくださいませm(_ _)m

 さて、今回ご紹介する写真は特集内「夜行列車」にちなんで、播但線の寺前駅夜間撮影をチョイスしてみました。
 この写真は完全な夜になる前の青い時間帯に撮影しております。
 撮影時は豪雨のためホームや車両周りなど、水しぶきが激しく上がりライト類が印象的な輝きを見せてくれました。
 梅雨の始まるこの季節。こういったシーンがあちこちで見られそうですね。ちなみにこの時は右のキハ189系「はまかぜ」が駅に到着する寸前までは単なる曇り空でした。 ところが踏切がなり始めてから急に大粒の雨に変化。風も強くなり、必死に傘をさしながら撮影しました。 しかしながら、夜の雨というのは雰囲気があって良いですね!
 夜間撮影をする際、最近はヘッドライトの強さがハレーションを生み出す原因となっています。
 なのでこの作例の様に最後尾のテールランプを狙って撮影するのもひとつの手です。
 雨の日は通常の天気とは違うドラマチックなシーンを沢山生み出してくれますので、皆様もどうぞお試しあれ!!
 

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (70)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒