topimage

2015-11

鉄道ダイヤ情報12月号発売中!! - 2015.11.19 Thu

鹿児島本線 415系 S(01)

 交通新聞社さまから鉄道ダイヤ情報12月号が好評発売中です!!
 今回の特集は「国鉄最末期デビュー車両のいま」と題して、国鉄・分割民営化直前に登場した車両たちにスポットを当てています。
 私もその中でJR西日本213系、JR四国121系・キハ185系・キハ32形、JR九州キハ185系の同乗取材の撮影と文を担当させていただいています。岡山から始まり、四国東部と由布院経由で九州を横断という2日間の短期決戦型取材(笑)。天気にも恵まれ、秋晴れの清々しい車窓が撮れました。
 しかしながら国鉄末期の車両たちは私にとってちょっと不思議に感じる車両たちです。、武骨な国鉄車両と華やかなJR車両を足して2で割った印象があります。これも少しずつ進化していった鉄道車両デザインの妙ですね。
 今回の特集はそれら車両たちの魅力をたっぷりと紹介しています。鉄道ダイヤ情報12月号をどうぞよろしくお願い申し上げます。

DJ 2015_12


 ということで今回のトップ画像は取材の際に撮影したJR九州の415系。詳しい方はもうお分かりですね(笑)。門司港発南福岡行快速の3223Mです。
 JR東日本管内でも今や常磐線の一部と水戸線でしか見られなくなってしまった415系ですが、九州では毎朝この3223Mで415系12両編成という堂々たる姿を拝むことができます。抵抗制御の唸るようなモーター音を響かせて走る姿は国鉄形車両独特の重厚さを感じます。
 ちなみに写真の先頭4両は100番台ですが、後方8両は国鉄末期に製造された1500番台。30年近く経った今でも現役バリバリです。また、下関から関門トンネルを通って門司駅構内付近に至るまでは直流区間、門司駅内旅客線は交流区間であり、下関と門司を結ぶ車両は交直流電車でなくてはいけません。今のところこの区間を走ることができるJR九州の現役通勤型車両は415系のみですから、まだまだ頑張ってほしいものですね。
 

 
 

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (70)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒