topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

ニコンカレッジ実習作品から - 2016.05.15 Sun

総武本線_物井-佐倉_209系イメージ_S(01)

 ブログの更新が滞り申し訳ございませぬ・・・m(_ _)m
 私の不徳と致すところ。なんとお詫び申し上げて良いのやら・・・。
 これに懲りず、今後ともお付き合いくださると嬉しいです。
 
 さて、14日(土)に講師をしておりますニコンカレッジの撮影実習で、総武本線の物井~佐倉に行ってまいりました。
 ニコンカレッジ実習でここに来るのは2回目。総武本線屈指の撮影地だけあって編成写真、風景写真、イメージ写真、流し撮りなど様々な撮影を一日いっぱい楽しめるので、また実習地に選んでしまいました。
 ちなみにこの講座は他の講座とのすみ分けも考えてガチ鉄モード満載の内容となっています(笑)。
 なので初めて鉄道写真を撮るという方やまだ経験が浅いという方にもプロのガチ鉄写真術を出し惜しみなくお伝えしております。
 特に初めてという方は鉄道写真は未知の世界というだけあって撮れるのかどうか不安とおっしゃってもいました。
 でも、この講座では列車の格好良い姿を美しく、瞬間的に捉えるスナイパー的要素をどなたにでも楽しんでいただけることをモットーにしていますので、受講された多くの方に「楽しかった」と言っていただたので私としても一安心です。
 もちろん、中にはエキスパートな方もいらっしゃいますが、機材の機能をフル活用した撮影方法もお話ししていますので、より簡単に、そして確実に素晴らしい一瞬をものにして頂く指針になったのではないかと思っています。
 7月~9月も鉄道写真講座を予定しておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 さて、今回の写真はその実習講座で撮影した中から選んだ一枚で、夕暮れ迫る209系普通電車を流し撮りしたものです。
 あえて逆光を選ぶことでE259系成田エクスプレスのラインライトを狙う目的でしたが、意外と良い表情を見せてくれたのがこの209系でした。
 一日が終わり、帰宅客を乗せた普通列車。車内には気だるさと安堵感が漂っています。しかし運転室は違っていて、乗客の命を預かる運転士のキリッとした空気感があります。
 そんな二つの空気感と情景が、車窓に指し込む夕陽の赤い光とシルエットで表現できたのではないでしょうか。普段は嫌なハレーションも絶妙な入り具合で良い結果となっています。
 お気に入りの作品がまた一つ増えました(笑)。
 ちなみに当のE259系成田エクスプレスですが、運転席と車体のラインライトは良かったです。ただ、デッキと客室の間に荷物スペースがあるため窓がデッキから遠く客室窓が中途半端な入り方となり、また客室窓が濃いスモークのためここまでの雰囲気は出ませんでした。
 このカットからも鉄道写真は意外性の分野というか、想像以上の一瞬の仕上がりを楽しめる写真分野だと改めて感じました。
 想像以上の一瞬が撮れた時の喜びこそが鉄道写真の醍醐味であり、もっとも楽しい時ですね。
 そんな鉄道写真の素晴らしさをこれからもニコンカレッジを通して、いろんな方々に直接お伝えできればと思っています。
 
 
 



スポンサーサイト

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukeyasu2450.blog.fc2.com/tb.php/114-433a578c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

D5・D500・NIKKORレンズセミナー&トークショーのご連絡 «  | BLOG TOP |  » ニコンカレッジ4月~6月受講生募集中!!

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (72)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。