topimage

2017-07

新戦力導入!! - 2013.02.11 Mon

今日は念願の新機種達を思い切って購入!
先ずはスマホ。
新機種(スマホ&カメラ) (01)
以前の機種はauのIS03。au初のスマホでした。
購入当時はよかったのですが、他の新機種の登場によりOSのAndroidの更新が2世代もアップされず、動きもどんどん遅くなりました。最後はアプリを開いている最中に着信が有っても応答する画面がなかなかで出ず、留守電に変わる頃ようやく応答するかどうかの選択画面が出る始末。
回線も3Gから4G&LTEが主流になってきましたから思い切って購入しました。
ボディが一回りデカイ!でもかなり薄くて軽いため、ポケットに入れていても違和感がありません。
そして何よりも動作がサクサクです。各種データのダウンロードも早いし、高レスポンス!
おまけにデザリング機能もついていますから、出張先でのPCメールのやり取りもwi-fi端末を介さずにできます。
まさに新戦力です!!

そしてもうひとつの戦力がこのNikonD3200ダブルズームキット!
新機種(スマホ&カメラ) (02)
皆さんは、目の前に素晴らしい光景があるにも関わらず、手元にカメラが無くて残念な思いをしたことがありませんか?
私はしょっちゅうです(笑)
そういう経緯もあって、以前より普段の通勤でもかばんに入れて持ち運べるカメラが欲しいと思っていました。
最初はコンデジも考えましたが、撮影範囲が狭く対応能力に難があるかと・・・。
そこで最近主流になりつつあるレンズ交換式のコンデジも考えましたが、機能は良いですがいかんせん高い・・・。
「じゃあ、ネオ一眼はどうだ!」ということで、今回の機種と同じNikonから出るCOOLPIX P520を真剣に考えました。
24㎜~1000㎜の光学ズームに加え、ハイアングルでも無難にこなすバリアグル液晶モニター搭載。秒間7コマの高速連写に100パーセント視野率のファインダー・・・。
特にその高倍率光学ズームレンズには物凄く惹かれました。
ただ、JPEGのみの記録とミラーレス機なので液晶ファインダーということがネックに・・・。
良い作品が撮れてもレタッチ可能なRAW画像でないのは残念ですし、いくら表示が速くなったとはいえ、高速車両を狙うなど鉄道写真において液晶ファインダーの表示タイムラグがあることに不安を覚えてしまいました。
じゃあ、いっそのこと仕事用と同じ一眼レフはどうだ!ということで探してみたら良いのがあるじゃないですか!
それはNikonのDX機であるD3200!!
女性もらくらく扱えるサイズと重さの普及機決定版。18~55mmズームレンズを付けたサイズはP520よりも気持ち大きいくらい。さすがに1000mm光学ズームは無理ですが、何よりNikon一眼レフの中では一番コンパクト。

仕事で使っているD4+24~120㎜F4レンズと比較してみました。新機種(スマホ&カメラ) (03)
D3200ちっちゃーー!!D4と並ぶとまるで親子。相撲でいえば横綱と小学生力士。鉄道でいえばC62形とC11形(笑)
でも、単なるコンパクト普及機と侮るなかれ!その能力はミドル級!!
CMOSはD800のものを継承。フルサイズ画面の1.5倍であるDX機にも関わらず2472万画素という高画素。
更に画像処理エンジンはフラッグシップ機のD4と同じEXPEED3を搭載しています。
12bit圧縮ではありますが、RAW画像の記録もできることが私にとっては大きかったですね。
多少値段は上がってしまいますが、これまたコンパクトな望遠ズームレンズを付けたダブルズームキットで200㎜までカバーして憂いも無し(笑)
会社へ行く時のかばんにもレンズを装着した状態で余裕で入ります。
何気ない日常を切り取る際やとっさの時には必ずや戦力になってくれるでしょう。
もちろんブログでも活躍してくれることと思います。今回の新戦力投入はより楽しいことになりそうでワクワクしています。
仕事もプライベートも、今までの相棒たちに加え、新しい相棒たちと共に頑張ります!!
スポンサーサイト

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

● COMMENT ●

はじめまして

はじめましてD3200を調べていて辿り着きました。

ひとつお聞きしたいのですが
一眼レフ初心者の私が持つカメラで参考意見をお願いしたいのですが
宜しければお願い致します。

仕事でファッション誌の読者モデルのマネージメントをしていて
撮影現場や空き時間などでオフショットや個人の趣味で
写真を撮りたいと思っています。

D3200がお手頃になったので運動会にも使えそうなダブルレンズキット購入を考えてます。

以前、価格.コムで相談した事があったのですがD5100やD7000、D5200など
意見が割れてしまい逆に選択肢が広がり過ぎてしまいました。

予算的にもD3200かD5100両方ともダブルズームキット希望

ポートレートと運動会、学校の発表会が主な用途ですが
ズバリどちらの機種がおすすめですか?

このクラスのデジカメは家電なので
新しい方が良いと言う意見も多く悩んでいます。

D4とD3200と言う両極ボディの写真すごいですね(笑)

お手隙の際でかまいませんので回答頂けたら幸いです。

はじめまして!ご連絡が遅くなり、申し訳ありません。

はじめまして!
お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
地方での長期の取材に入っていたため、メールの確認すらできない状況でしたm(_ _)m
もう、購入されたてしまっていたら申し訳ございません。

さて、お問い合わせのD3200とD5100の比較について私なりの見解ですがお話したいと思います。
私のおすすめはズバリD3200です。予算があればD5200をお勧めします。

先ず理由ですが、一般の方が気にしている画素数に関してD3200は2400万画素超で、D5100は1600万画素となり、D3200が上回っています。D3200の方が緻密な画像を表現できますね。これはご存知のことと思います。

そして、何より重要なのは画像処理エンジンとしてD3200はD4やD800と同じ「EXPEED 3」を搭載していることです。D5100は旧タイプの「EXPEED 2」を搭載しているのですが、これは新旧では雲泥の差が出ます。
何が違うかというと、新しいほうは色の諧調がより滑らかに表現されるようになったことと、暗いところでの高感度特性か飛躍的に上がっていることです。
ちょっと専門的になりますが、同じ大きさの受光部(COMSセンサー)で画素数が上がるということは光を受ける素子がより細かくなって密集していることになります。これは緻密な画像が得られる反面、小さくなったことにより光を受ける量が減ってしまい、表現がしにくくなってしまうという状況が起きます。
「じゃあ、D5100の方が画素数が少ないから表現できるのでは?」とお思いになるとは思いますが、画像化するに当たって画素のほかに重要なものがあります。それが光を分析して考える頭脳「画像処理エンジン」なのです。
この「画像処理エンジン」は新しいもの程、画像を綺麗に表現してくれます。
要するに、光の少ない状況をより高度に分析、綺麗な画像にすることができるのです。
日中ではより諧調が豊かになり、暗いところでの画質も良くなるということです。
暗いところで撮影する際、ISO800以上の高感度に設定することも多いと思いますが、D3200とD5100ではノイズの出方が違い、D3200の方がノイズの乗りが少なくより自然に近くなります。また、そのことにより高感度の設定がD5100のISO3200までというのがD3200ではISO6400まで可能となったのですね。

では、D3200とちょっと高いD5200はどちらが高性能かというとD5200です。
簡単に言うと、D5200はD3200をベースにしたグレードアップバージョンです。
機能的な違いは、液晶モニターが自由に動くバリアングルモニターと連写性能がD3200よりも1コマ多い秒間最高5コマ、そしてピントを合わせるAFポイントが39点もあるということです。
D5200はD3200よりもよりスポーツ撮影に適した内容となっているのですね。
学校行事、特に運動会を撮影される場合はバリアングルモニターは便利に感じるかもしれません。
D5100もバリアングルファインダーが付いているので、唯一D3200には無い便利な機能ですね。

説明が長々となってしまいましたが、以上になります。
ご参考になりましたでしょうか?

ちなみに私の所有はD4、D800E、そしてD3200です。更には仕事などでD600やD7100も触っているので、現在にNikon機に関して興味やご質問がありましたらお気軽にどうぞ!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukeyasu2450.blog.fc2.com/tb.php/36-bf0d1191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

D3200テスト «  | BLOG TOP |  » 蒼い夜明け

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (71)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒