topimage

2017-07

暮れゆく峠道 - 2013.07.25 Thu

釜石線 足ヶ瀬-上有住 S(01)

今日の作品も先日に続いて東北取材からです。
ここは釜石線の有名な仙人峠大俯瞰ポイント。
足ヶ瀬駅からの長いトンネルを抜けた列車は山肌を縫うように走ります。
以前は日中に撮影していましたが、今回は夕暮れ間際の時間帯に訪れてみました。
日の入り時間と列車の通過時刻を計算してはいましたが、山間だけにいざ現場で構えていると思った以上にどんどん暗くなります。まさに露出が限界を迎える寸前、かすかなヘッドライトが見え、狙ったところで優しくレリーズ。
なかなか良い雰囲気になったと思います。
この後の帰り道は鹿が次々と出没。上有住駅付近の民家が見えるまでドキドキの運転でした。

さて、私の所属しております日本鉄道写真作家協会(JRPS)のホームページがリニューアルされました!
日本鉄道写真作家協会ホームページ
ちなみに、日本鉄道写真作家協会は鉄道写真をベースに活躍する職業写真家の集まる任意団体です。
新しいホームページでは個性的な会員の作品を数点ずつ見ることができ、ニュースには来週から始まる写真展の告知もございます。是非、ご覧ください!!
スポンサーサイト

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

● COMMENT ●

幻想的な風景ですね。一度乗ってみたいです。

Masaさま こんばんは。

ありがとうございます。
この時はスローシャッタ-にして光跡にするか迷いましたが、そういう作品は結構見ているので、敢えて列車は止めてみました。ノイズの発生やディテールの劣化を考えると既に限界近くで、列車が来るまで本当にヤキモキしました。
釜石線はなかなか魅力的な路線ですよ。
有名なメガネ橋をはじめ、田園風景や山間部など車窓の見所もたくさん。オススメのです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sukeyasu2450.blog.fc2.com/tb.php/60-aebb4580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トレイントレインに出演しました! «  | BLOG TOP |  » 風立ちぬ・・・。鉄道ジャーナル9月号発売!

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (71)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒