topimage

2017-06

ぴきぴきの立山連峰!! - 2017.02.05 Sun

北陸新幹線_富山-新高岡_冬_S(01)

 SNSでも投稿しましたが先週、北陸地方の撮影に行ってまいりました。
 今回はその時の一枚をご紹介します。

 北陸地方に向かい始めた当初はあまり良い天気予報でなかったのですが、1日目の取材が終了した時点で土曜日が晴れマークとなり期待大。
 もちろん期待するのは立山連峰です。
 冬型の収まる春先など日本海側でも晴れ間が多くなると立山連峰が見える確率が高くなるそうですが、この時期はまだ冬。
 なので富山県民でも雪をたたえた白い立山連峰がはっきり見えることは少ないとのこと。
 たまたま訪れる埼玉県民がおいそれと簡単に拝めないとはわかりつつも期待に胸を、そして夕食で腹を膨らませながら車で眠りに就きました。

 朝起きると頭上の空に雲はあるものの、立山連峰の神々しい姿が見えるではないですか!!
 朝は氷見線を撮影し、それから北陸新幹線を撮影と、立山連峰と北陸新幹線のコラボは昼過ぎの呉羽山公園での撮影までのお楽しみです。
 そして昼過ぎになり脳内で『クレハヤマノボレ』の暗号文を受電(笑)。呉羽山へ向かいました。
 なお、この時期は13時~14時台が撮影にベストな時間です。夕方になればなるほど順光になりますが、15時台になると光に赤味が出てしまい、白い峰々を青みの有るさわやかな色で撮ることができなくなります。
 昼になっても雲一つない快晴の空の下、呉羽山公園の『桜の広場展望台』に到着!立山連峰はぴきぴき、名峰剱岳はパキパキに見えています(笑)

 ちなみに剣岳呉羽山公園には更に南側に『呉羽山公園展望台』がありますが、私は北陸新幹線を撮影する場合におススメするのは『桜の広場展望台』です。『呉羽山公園展望台』は展望台は斜面からせり出ている分、素晴らしい景色が望めますが北陸新幹線はより横がちに撮ることになります。横から撮ると新幹線車両が防音壁にさらに隠れてしまい、立山連峰を入れた風景写真になると列車が小さくなる分、さらに防音壁に埋もれて見えてしまいます。できるだけ斜め上から車両が見える状態で撮ることがベストなので『桜の広場展望台』が良いと私は考えています。

 ということでカメラをセットし、13時後半~14時台の上下1本ずつ撮影することにしました。
 今日の立山連峰は特に素晴らしく、また土曜日ということもあり観光客がたくさん。富山市の方もいらっしゃって、おしゃべりをしながらのんびりと列車を待ちました。
 そして時間通りに新幹線車両が見え、レリーズON!シャッター音のまあなんと気持ちの良いこと!!雲があると列車が来てシャッターを押す瞬間まで晴れるかどうか不安になりますが、その心配も無いので冬晴れの暖かでややピンと張り詰めた空気の中で爽やか気分で押さえることができました。いや~、本当に運が良かったです。会社に良いお土産確保です(笑)

 ほかにもイメージ写真など良いものが撮れましたが、それは今後ここぞという時にご披露したいと思います(笑)
 乞うご期待!!!



1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

東海道本線の有名撮影地で撮影してきました! - 2017.01.30 Mon

東海道本線_早川ー根府川_185系踊り子_冬_S(01)

28日の土曜日に東海道本線の根府川近辺の撮影をしてきました。
狙いはJR九州の「或る列車」ならぬ「とある列車」です(笑)
第一ポイントは江の浦俯瞰と呼ばれる有名撮影地。
朝8時くらいから現場にいたのですが、徐々に人が集まりお目当ての列車通過の30分前になると20人弱になっていたと思います。
鉄道写真界の大巨匠・南正時さんをはじめ、伊藤岳志さんや萩原祐佳さんなど業界の方もお見えになり、「とある列車」の注目度の高さが伺えます。
江の浦での撮影を終えた後、返しの列車を撮りにこれまた超有名ポイントの石橋集落へ。
江の浦俯瞰ポイントは終日陽が当たらないので寒かったのですが、今回の石橋集落撮影ポイントはしっかりと日が当たり温かく、まさに快適な撮影日和。少し寝不足の状態で撮影に出たので眠気をこらえるのに必死でした(笑)。
小田原~熱海は完全な冬型になると風が強く、丹沢山地を越えて雲がわくので平野部が快晴でも曇ることが多いです。
ただ、今回は強い冬型が緩んだことが功を奏して、気温が上がったために若干の霞みは出たものの素晴らしい天候になりました。
やはりこの区間は青い相模湾が最高の舞台を作り上げてくれますね。

ということで「とある列車」の作品をご披露したいところですがお仕事用なのでご了承くださいませ。
ご披露するのは185系踊り子のカットです。
なんだかんだ言ってこの青い海に白いボディーは素晴らしいコントラストを見せてくれますね。
グリーンのストライプもくっきりと、そして誇張しすぎず車両を飾っているので素晴らしいデザインだとしみじみ感じます。
ただこの185系は国鉄型車両だけにそう遠くない先に廃車されることになるでしょう。
いまからでも少しずつ風土とともに記録を残しておきたいものです。
ちなみにこの場所は西側斜面の一番上の道ではなく、一段下の道から撮影しています。
この道だと列車の背後にあるかまぼこやさんのピンクのような茶色い壁を列車に隠すことができます。そこがちょっとこだわったところです。
また、ミカンが鈴なりだったのでそれを撮るべくこの道を右往左往。
何とか道のふくらみで通行の邪魔にならないところで寝っ転がり、ガードレールの下から上半身の背筋を使って乗り出すアングルに決定しました。上半身が宙に浮く形で撮影するのでこの体勢は長くは維持できず、列車がトンネルを走ってくる音を聞いてアングルを取るという形です(笑)
できればやや右側の民家もミカンで隠すことができれば良かったのですがこれがベストでした。
ミカン畑の中に入るともっと良い場所があるのかもしれませんが、果樹は周辺の土を踏みかためてしまうだけで実のなり具合や出来に問題が出ると聞いたことがあります。なので果樹園は道以外では撮らないようにしています。
皆さんもどうぞその点は配慮していただき、果樹園には入らないよう注意しましょう!
以前、ここで撮影していた時に農家の方とお話ししてミカンを頂いたことがあります。いや~とれたては本当に瑞々しくて最高においしかったです。
今回は江の浦俯瞰の撮影地で農家の方にこれまた名産のレモンをいただきました。皮から強く清々しい香りが!!
市場価格では一個数百円するとのこと!ありがたや~m(_ _)m
今回もたまたまなので、ここに撮影に来ると必ずミカンやレモンをいただけるわけではないということをご承知おきくださいませ(笑)



1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

あけましておめでとうございます! - 2017.01.01 Sun

700系イメージ_S(01)_

あけましておめでとうございます!!

皆さまはどんな新年をお迎えになりましたか?
私は2年に一回実家のある秋田で正月を迎えることになっており、今正月は秋田におります。
ただ、嫁さんが出発の3日前から風邪をこじらせてしまい、寸前まで様子見でしたが結局完治することなく娘と二人での帰省となりました。
ただ両親は娘の顔を直接見るのが2年ぶりであるため大喜び。
当初は娘も置いて私一人で帰省することも考えましたが、やはり娘を連れてきて正解でした(笑)

というこうとで人それぞれのお正月を迎えていることとは思いますが、すべての人が望むのは素晴らしい一年のとなること。
皆さまの新年が充実し、一生の思い出となる年となることを願っております。

私の目標はというと月並みですが鉄道写真を中心に撮影のお仕事をしっかりいただくこと(笑)
そして昨年の各店舗セミナーで感じたことですが、鉄道写真の奥深さと楽しさをより多くの方に知っていただくことです。
また独りよがりにならず、様々な作品を拝見して良い刺激をいただき、表現の幅をl増やしていきたいと思っております。

ということで新年一回目の発表のは先月23日に撮影した東海道新幹線多摩川橋梁の写真です。
新年なので朝日と言いたいところですが夕暮れです。
赤みが強いのでおめでたい写真としてご覧ください(笑)
とある取材の合間に撮影したカットです。

これだけ赤いといろいろとレタッチしたと思う方もいらっしゃると思いますが、いじったのはホワイトバランスを『曇り』モードにしてピクチャースタイルをビビッドにしただけです。それほど素晴らしい色合いを見せてくれました。
この日の空は重い雲に覆われていましたが、夕方になるにつれ地平線の向こうが抜けてきました。
そこで日が沈む寸前になれば素晴らしい茜雲になるのではと考え新幹線の橋梁近くに移動しました。
夕日が雲間から射したのですが、予想外の強めの雨・・・。ただそれが功を奏して茜雲ではなく、燃えるような赤くやわらかな空気感を撮影できました。東京でもこのような感動的な気象条件になることが有るのですね(笑)
敢えて欲を言うなら700系はこの角度ではヘッドライトが見えないのでN700系のほうが良かったのではと感じています。
実はこの後10分もしないうちにN700系も来たのですが、この感動的な空は太陽が雲に隠れてしまったため二度と見ることがかないませんでした。
まさに一合一会ですね。

今年も線路際の一合一会を求めて全国を回り、感動的なシーンを目の前にシャッターを切ることができると嬉しいです。
皆さま、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!


1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

ヨドバシカメラ梅田さまでD5・D500・NIKKORレンズセミナー開催!! - 2016.10.17 Mon

五能線_深浦-広戸_リゾートしらかみ青池_夏_S(03)

またまた告知で恐縮です。
関西地区の皆さまお待たせいたしました(笑)
ヨドバシAkibaさま、ヨドバシ横浜さまでのニコンD5・D500・NIKKORレンズセミナーに続き、今週の10月22日(土)・23日(日)にヨドバシ梅田さまでセミナーを開催いたします!!!


詳細は以下の通りです。

場所:2Fカメラ売場特設コーナー
第1部 13:00~13:45 『Nikon最上位機種D5で撮る!鉄道写真の世界』
第2部 15:00~15:45 『Nikon最強DXフォーマット誕生! D500だから撮れる魅力的な鉄道写真』
第3部 17:00~17:45 『純正NIKKORレンズの性能でプロはこう魅せる!1ランク上の鉄道写真』

もちろん参加は無料です!
ちなみに今回でヨドバシさまセミナーは最後となります。
今まではマシンガントークでありながら時間がちょっとオーバー気味・・・。
話したいことはたくさんあるので1パート45分ではしゃべり足りないぐらいで・・・(笑)
でも反省しつつ少しは軌道修正して臨みたいと思います。
また、最後ということで今まで以上に気合い入れて、滑舌を良くして頑張ります!
是非、お越し下さいませ!!

ということで今回の写真はセミナーでも使用している五能線のリゾートしらかみ写真Part2です。
この写真はリゾートしらかみ青池編成で、新型橅編成ではありませんが深浦で丁度夕景になるので撮影しました。
通常夕暮れとなると夕日のほうにカメラを向けて空のグラデーションを狙い、列車をシルエットにするところですが、今回はあえて夕日に赤く照らされる列車を撮影してみました。
このように順光側で夕日の赤い光のことを鉄ちゃん的には「激渋光線」と言うそうです。
この激渋光線のおかげでなかなか良い雰囲気で撮れたと思っています。
ちなみにこの列車の右側にあるお立ち台で、同業者の村上悠太さんが同じ列車をきれいな夕焼けで撮影していました。
まさにどう撮影するかは撮影者次第ですね。
さらに余談ですが次の日は村上さんと合流し、夜は村上さんお手製のホルモンうどんに舌鼓を打ちました(笑)

ということで、ヨドバシ梅田さまでのニコンセミナーをよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

ヨドバシカメラマルチメディア横浜さまでD5・D500・NIKKORレンズのセミナー開催!! - 2016.10.07 Fri

D5作例2

 先月の9月10日・11日にヨドバシAkibaさまでご好評いただいた『D5・D500&NIKKORレンズ ここが買いポイント』セミナーを、週末の10月8日(土)・9日(日)にヨドバシカメラマルチメディア横浜さまにて催します!!

 内容と時間は以下の通りです。

場所:3Fカメラコーナー特設会場
第1部 13:00~13:45 『Nikon最上位機種D5で撮る!鉄道写真の世界』
第2部 15:00~15:45 『Nikon最強DXフォーマット誕生! D500だから撮れる魅力的な鉄道写真』
第3部 17:00~17:45 『純正NIKKORレンズの性能でプロはこう魅せる!ワンランク上の鉄道写真』

構成はヨドバシAkibaさまと同じですが、セミナー時のパワーポイントに若干の変更を加え、作品撮影時の裏話やコツをについてのお話しを長くできるようにいたしました!ただ、話術もちゃんと修正しないとまたもや時間オーバーしてしまいます・・・。
しゃべり好きなだけにこれだけは気をつけねば(笑)

下のフォームからもご確認くださいませ。
『D5・D500&NIKKORレンズ ここが買いポイント』セミナーイベントのお知らせ

土曜日の天気はあまり良くないようですが、横浜駅からは地下通路でつながっているとのこと。
駅からは雨に濡れることなくご来店できますので、天候で撮影を断念された方も是非いらして下さい!!(笑)

ちなみに当日は最寄りの東急ハンズでも鉄道イベントを開催しているそうです。
横浜ハンズ鉄道まつり~出発進行~ in 横浜モアーズ屋上

是非、そちらと併せてお越しくださいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます!!m(_ _)m


ということで、今回のトップの作品はセミナーでもご紹介しているD5で撮影したE6系こまちの写真です。
撮影時は頭の上には青空が残っていたものの、早々に太陽は雲に隠れてしまい色温度の高い状態となってしまいました。
このアングルで普通に撮影しようと空の露出に合わせてしまうとE6系を含め地上のものは全てアンダーになってしまいます。
そこでD5のアクティブDライティングという機能の「強め」を設定。この設定はハイライトからシャドーまでの諧調、特にシャドー部の諧調を出す機能ですが、やはり最新鋭機種D5ともなると今まで以上にバランス良く、そして美しく撮影できるようになりました。
このカットはまさにその機能が生み出してくれた一枚でもあります。

このようにセミナーではD5とD500のカメラ機能とNIKKORレンズ性能とレンズ自体のお話、そして撮影秘話をご披露いたします。
どうぞお楽しみに!!




1ポチよろしくお願いします!! にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

web拍手 by FC2

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

助川 康史

Author:助川 康史
主に鉄道写真を仕事としている、いわゆるプロカメラマンです。 もちろん鉄ちゃんでもあります。それだけではなく、車や飛行機、野球にゲームなどかなり多趣味です。 鉄道ジャーナルや時刻表表紙などで活躍中。
1975年10月生まれ
(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズ所属
http://railway-pic.com/
日本鉄道写真作家協会(JRPS)所属

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
ごあいさつ (1)
作品ブログ (45)
写真ブログ (70)

著作権&コンタクト

このブログに掲載されている画像及び文章は無断で使用することを禁じます。また、著作権は助川康史に帰属しております。
作品の商用利用及びお問い合わせに関しては、お手数ではございますが(有)マシマ・レイルウェイ・ピクチャーズまでご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

我が家の手作り石鹸

手作り石けん・みけねこ軒